上質な滞在に癒される@コンラッド大阪(part2)

  • コラム
上質な滞在に癒される@コンラッド大阪(part2)

↑↑↑

前回書かせていただいたpart1の記事はこちらからお読みください。

それでは、コンラッド大阪のデイユースプランを使ってみた感想を、お写真とともにご紹介していきたいと思います📸


▽コンラッド大阪の公式ホームページはこちら

https://conrad-osaka.hiltonjapan.co.jp

▽コンラッド大阪のデイユースプランのページはこちら

https://conrad-osaka.hiltonjapan.co.jp/plans/rooms/6832

アトリウムラウンジ

コンラッド大阪を象徴するアトリウムラウンジ。38階から40階にかけて伸びるこの螺旋階段は、空に浮かぶ白いリボンをイメージしているといいます。

(後ほどご紹介する「40スカイバー&ラウンジ」でいただけるアフタヌーンティーでは、この螺旋階段を模ったティースタンドが使われています💡)

夜のアトリウムラウンジは、また違った雰囲気や景色を楽しむことができます。大阪の夜景を一望しながら広いラウンジで過ごす時間は格別。

エレベーターを使いロビー階である40階に到着すると、すぐにこの景色が広がります。気づけばこの異空間に誘われていたというなんとも不思議な感覚。

38〜40階にかけて縦横にグッと伸びる大きな窓の開放感とそこから見える大阪の景色が、都会の喧騒から一歩離れた、まるで「ユートピア」のような空間を作り出しています。

ロビー

ロビーに入ってすぐにあるこちらの左右の像は、風神・雷神からインスピレーションを受けた名和晃平さんの作品です。(Fu/Rai)

コンラッド大阪では随所に「和」を感じる要素が取り入れられていて、こちらもそのひとつだなと感じました。

写真で見るより何倍もダイナミックな風神雷神に迎え入れられたので、最初に見たときはビックリしました。笑

カウンターは、ホテル全体のモダンデザインにうまく溶け込む木の素材を活かして作られています。置かれている盆栽も和の要素ですね🍃

ロビーのインテリアをご紹介します📸

ここにも木素材の家具が使われていますが、ポイント使いと、空間への調和が絶妙で本当に素敵だなと思いました。

チェックインを待っている間や食事に来た際の待ち合わせなど、多くの人が立ち寄るロビー。柔らかい雰囲気に包まれながら、コンラッド大阪ならではの眺望を楽しむことができるようになっています。

夜の顔もまた違った美しさがありますね🌠

奥に見えるのが先ほど少しご紹介した「40スカイバー&ラウンジ」です。

入り口の縦に伸びるキラキラが高級感を演出していて、入る前からワクワクさせてくれます。ロビーとお店の繋がっている空間を上手に仕切る役割も果たしていて◎

客室

私が利用したのは「キングデラックスルーム」です。

お部屋全体はこんな感じ。50㎡の広々とした空間と、景色の綺麗さに驚きました。

普段生活している大阪の街並みを高層階から見ることってあんまりないので、こういうのはワクワクしてしまいます🌸

こちらはバスルームと洗面のエリア。

個人的にダブルボウル洗面台がかなり好きなのですが、コンラッド大阪もこの様式でした。ホテルらしさというか、非日常を感じられるのがいいなあって思います。

ダブルボウル洗面台のホテル増えてきていますよね◎

また、バスアメニティは「シャンハイ・タン」のもので統一されています。

上品な香りに包まれる洗い上がりが癖になります。石鹸もシャンハイ・タンのものでした🫧

ホテルといえば外せないのが「ミニバー」です。

特に最近では「ステイケーション」「ワーケーション」などお部屋での滞在をゆっくりと楽しむ方が増えてきていることもあり、紅茶やコーヒーなどの品揃えを増やしたり、ミニバーの充実に力を入れているホテルも増えてきているんだとか。

(私は暇があればコーヒーや紅茶を淹れて飲むタイプなので、ホテルのミニバーチェックは欠かしません。笑)

コンラッド大阪はネスプレッソの機械とトワイニングの紅茶が用意されていて、またそれぞれ種類も豊富でした。デイユースで基本お部屋に篭りっぱなしだったのでこれは有難い。。

美味しくいただきました^_^

ベッドはキングサイズが1つ。大の字で寝転がれる幸せったらもう。笑

作業中の休憩でちょっとお昼寝というときも、このベッドで眠れたら最高です。

ちなみにベッドはコンラッドベアとコンラッドダッグでベッドメイクされています。可愛すぎる🌸

こんなサービスも嬉しいですよね◎

お部屋のドライヤーは今話題の「SALONIA」でした。


「大人気商品◎SALONIAのスピーディーイオンドライヤーをご紹介!」についての記事はこちら

https://spica-interior.com/column/9686/

テーブルを開けたら化粧台が出てくる仕組みになっていました。(左右のライトがつくタイプ💡)

ルームキーはパープルとホワイトの組み合わせ。この上品さは高級ホテルならではです✨

アトモス・ダイニング

広がり続ける波紋をイメージしたインテリアが印象的なアトモス・ダイニング。ゴールドを繊細に使うことで、煌びやかになりすぎず、華やかな印象に。

ビュッフェ形式で、いろんな種類のご飯をちょっとずついただくことができます。

たまに行くホテルのビュッフェって幸福度高くないですか?

スイーツまでしっかりと美味しくいただきました◎

プール

コンラッド大阪には、20メートルの屋内温水プールがあります。(水着の貸し出しもありますが、スポーツタイプの水着なので自宅から持って行ってもいいかもしれません◎)

他にもジム、サウナ、ジェットバスがあり、宿泊客は無料で利用することができます。リフレッシュできる空間や設備がバッチリ用意されているのってとっても嬉しいですよね。

ジムは24時間開いているとのことで、ワークアウトに励みたいという方にもオススメです。

その他

こちらはエレベーター内部のお写真です。ダークブラウンにゴールドを合わせた上品さが、今から向かうコンラッド大阪への期待をさらに高めてくれます。

ホテルのロビーには、これまでコンラッド大阪が受賞してきた幾つもの賞のトロフィーが飾られていました。

この日はあいにくの雨でしたが、この眺めをバックに置かれているトロフィー、素敵すぎる。。

最後に

今回はpart1、part2の2つに分けてコンラッド大阪の魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

私は今回お昼過ぎから22時頃までデイユースで利用させていただいたのですが、本当に快適な時間を過ごすことができました。

高級ホテルならではのインテリアやデザインへのこだわりを感じながら、いつもと違う場所で非日常感を味わうことができて、大満足の滞在となりました。

ちょっと疲れたなと思ったらバスタブにお湯を張って浸かったり、種類豊富なミニバーを楽しんだり。キングサイズのベッドの寝心地も最高でした◎

大阪の街並みを眺めながら、最高の癒し時間を堪能できたなと思います^_^

みなさんもぜひ都会の喧騒から離れて、非日常を体験してみてはいかがですか?


インテリアのご依頼・ご相談は、スピカアルファにお任せください。

https://spica-exective.com