ライトについて💡種類やお部屋の広さに合った明るさをご紹介します

  • コラム
NO IMAGE

先日東京に行った際に立ち寄ったunico丸の内店さんでインテリアを見ていたところ、私が照明ばかりを見ていたので「よければ照明専用のカタログをどうぞ」とお声がけくださった店員さん。

めっちゃ見てたのバレてた…と少し恥ずかしくなりながらも、素敵なお心遣いに嬉しい気持ちになりました。ありがとうございました🌸

いただいたカタログにはunicoさんの照明がたくさん掲載されていて、また、裏面にはライトについての簡単な説明書きも載っていました。

それを見ていたときにふと思ったのは、ライトの種類や目安となる明るさなど、照明の基礎的なところをみなさんにお伝えしたいなということでした。

そこで今回のコラムでは、

  • ・ライトについて
  • ・ライトの種類
  • ・お部屋の広さに合った明るさ

の3点についてご説明していきたいと思います。

最後にunicoさんで見つけた素敵な照明も一部ご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください◎

ライトについて

お部屋に欠かせない「明かり」をもたらしてくれるライトは、光の強さや色、デザインによってお部屋の雰囲気が大きく変わるアイテムです。

インテリアブランドごとにさまざまな種類の照明が販売されています。

ライトの種類

ライトの種類は主に5つあり、

  • ①ペンダントライト
  • ②シーリングライト
  • ③フロアライト
  • ④デスクライト
  • ⑤テーブルライト

です。

それぞれについて、詳しくご説明していきます。

①ペンダントライト

ペンダントライトは、吊り下げタイプの照明です。ダイニングルームで多く採用されています。

弊社が手掛けたタワーマンションのインテリアコーディネートのお写真です📸

コードやチェーン、シェードなど、パーツごとの素材や色でデザインが大きく変わります。

②シーリングライト

シーリングライトは、天井に直接固定して取り付けるタイプの照明です。

弊社が手掛けたタワーマンションのインテリアコーディネートのお写真です📸

賃貸などで一般的にある白くて丸い形のものが想像しやすいかと思いますが、ダクトレールにスポットライトがついたタイプも最近は人気となっています。

シーリングライトはお部屋のすみずみまで光を届けることができ、省スペースでお部屋を広く見せることもできます。

③フロアライト

フロアライトは、床に立てて使う自立タイプのライトです。

インターコンチネンタルホテル大阪の客室📸

お部屋の隅に置いたりソファの隣に置いたりなど、さまざまなシーンで活躍できるアイテムです。

④デスクライト

デスクライトは、シェードの向きを変えることができるコンパクトなライトです。

新宿プリンスホテルの客室📸

読書や勉強の際に手元を照らすときに使います。

⑤テーブルライト

テーブルライトは、少し明るさを足したいところに置けるコンパクトなライトです。

ACホテル銀座の客室📸

小型で移動がしやすいので、枕元に置くだけでなく他のシーンでも利用ができる便利なアイテムです。

お部屋の広さに合った明るさ

リビング、ダイニング、寝室など、お部屋の利用目的やシーンによって必要な明るさは変わってきますが、一般的には1畳=40W(ワット)と言われています。

6畳なら6×40W=240W、8畳なら8×40W=320Wというように、この目安に沿って明るさを考えていきましょう。

ただし、ライト1つで全ての明るさを満たす必要はありません。

ペンダントライトとフロアライトの明るさを足してワット数を満たすなど、複数個のライトに明るさを分散させるのもインテリアコーディネートのコツとなってきます。

明暗のバランスがとれたお部屋はよりお洒落な空間になること間違いなしです◎

unicoのライト

unico丸の内店さんを見て回っていた際に、特にいいなと思った照明を2つ取り上げてご紹介していきます。

BLISS PENDANT 3

こちらは「ペンダントライト」です。コードで吊り下げられていて、テーブルを明るく照らすライトです。

脚の部分はブラックですが上部はゴールドでとても上品なイメージの照明です。

ぽてんと丸い形をしたライトの光が穏やかにダイニングテーブルを照らしてくれます。

ASTRE

こちらは「シーリングライト」です。天井に直接取り付けて、広範囲にお部屋を明るく照らします。

一般的な白くて丸い形のものやダクトレールにスポットライトがついたものとはまた違い、3本の脚とその先に電球がついたデザインのシーリングライトです。

色はゴールドで煌びやかに、電球はそのまま見えるようになっていて、電気を点けているときも消しているときもお部屋を彩ってくれるアイテムです。

まとめ

今回のコラムではライトの基礎的な部分として

  • ・ライトについて
  • ・ライトの種類
  • ・お部屋の広さに合った明るさ

の3点についてご紹介してきました。

また、unico丸の内店さんで見つけた素敵なライトについても一部取り上げてご紹介させていただきました。

ライトはどれを選ぶかによってお部屋の雰囲気が大きく変わるアイテムです。

お部屋に合った照明を選びたい

種類が多すぎて困っている

飾りたい照明はあるけどこれに合うインテリアスタイルって何だろう?

など、照明をはじめとするインテリアについてのお困りごとがありましたら、いつでも弊社のインテリアコーディネーターにご相談ください。

株式会社スピカアルファの公式LINEはこちら

資料請求はこちら

また、Instagramでは日々インテリアコーディネートのお写真を投稿しています。こちらも合わせてチェックしてみてください💡

https://instagram.com/spica_executive?igshid=YmMyMTA2M2Y=


インテリアのご依頼・ご相談は、スピカアルファにお任せください。

https://spica-exective.com